不妊治療のゴール

 

 

 

不妊治療のゴールを、「妊娠」する事と考える人々が多いようですが、実際には、不妊治療のゴールは、まだその先の未来に託されているのです。

妊娠は、出産、子育て、親離れとともに、皆さんの人生設計とともに育まれるものです。妊娠、出産、子育てには、多くのトラブルや、思ってもみないアクシデントが起こる可能性も秘めています。

誰の人生においても予期せぬトラブルやアクシデントはつきものなのですが、不妊治療を行った人々は、不妊治療を行った事を、後ろめたい事などと感じているような人々もいるようで、何かしら事あるごとに、不妊治療を行った事が災いしたのかもしれないと、自分を責めてしまうような事もあるようです。

妊娠や出産、子育てには、不妊治療を行わずとも、トラブルは如何様にしても起きやすいと考えられています。何か、トラブルに見舞われた場合、それは致し方ないこともあるのです。

不妊治療を行わなければ、このような事にはならなかったはず・・・、といったような考えは、当初から持つことをやめましょう。

そのような誤った考えをもってしま原因の1つには、妊娠や出産、子育て、不妊治療に関わる正しい知識を持ち合わせていない事が指摘される事もあります。

積極的に、子育てを行っている先輩ママや、子育てを終えたシルバー世代の人々などに、妊娠、出産、子育に関するエピソードを尋ねたり、育児セミナーや、不妊治療を行っている人々の集いなどに参加してみることも、正しい知識を得る事につながっていくはずです。

 

不妊治療と夫婦生活


 

女性の不妊治療の中で、多く用いられている「基礎体温」は、正確な排卵日を判明できる訳ではないようです。あくまでも、「排卵日」の目安となるようなサイクルをみつけ出す為のツールであるようですので、あまり深刻にならず、あくまでも参考程度に検温する事が望ましいようです。

不妊治療においては、男性も女性も、大きな不安を抱えながら治療に取り組むカップルが多いようです。

様々な治療や検査を行う中でも、なるべくゆったりとした気持ちを忘れないことが大切なようです。

妊活を行われているカップルは、女性の基礎体温の推移から、排卵日を割り出す傾向があるようなのですが、基礎体温から、排卵日が割り出せる確立と言うのは、2割程度であるというデータもあるようです。不妊治療を行うなかで大切な事は、どっしりとかまえ、余裕を持つことなのかもしれません。

 

それぞれの妊活シーズン


 

妊活中の生活習慣を改めるにあたって、大切なポイントをいくつかまとめていきたいと思います。

●バランスの良い食生活
●禁煙(副流煙を避ける環境を維持する)
●飲酒を抑える
●カフェインの摂取を抑える
●適度な運動
●良質な睡眠
●体重制限
上記のようなポイントを押さえながら、生活習慣を顧みるようにしてみるのがいいそうです。
妊活になによりも必要な事は、「健康体」であることだそうで、生活面では、上記のようなポイントをおさえながら、精神的なリラックスや癒しを生活リズムの中で得られるような環境を整えていくことも大切になるそうです。
不妊治療は、時としてカップルにとって苦難になる時期もあるかもしれませんが、様々な事柄をストレスに感じすぎないよう工夫を凝らすことが必要なようです。
妊娠&出産には、様々なドラマがあるはずです。

皆さんにとって妊活が、人生の大切な時間を過す1つのシーズンとなりますように。