不妊の原因

妊娠しにくくなっている理由として、いわゆる「卵子の老化」に要因がある事が多いんです。

ではこの「卵子の老化」とは何ぞやという所ですよね。今回はこの「卵子の老化」について解説していきたいと思います。卵子というのは、実は胎児期の段階で一生分が生成されてしまうのです。

そして、その後新しく体内で作り出されていくという事はありません。このメカニズムも非常に神秘的ですよね。つまりは、毎月の月経時に排卵される卵子は毎月毎月作られているわけではないのです。

例えば40歳女性の卵子は、40年以上も卵巣の中でその出番を待ち続けていたという事になります。そう考えると、20代女性の卵子と比べると、加齢による様々な変化によって卵子も古くなってしまっている為に、年齢を重ねるに従って妊娠しにくくなるのです。

でもそれは、決して「妊娠しない」という意味ではないという事を知ってもらいたいのです。メカニズムそのものは解明できていない部分もあるのですが、何らかの理由で歳を重ねてもよく保存されている卵子はあり、偶然が重なり排卵して精子と出会い、受精し、そして順調に育てば妊娠という事になります。しかし、そのような良い状態を保ち続ける卵子は少ない為、なかなか妊娠できないという事になるのだそうです。今後研究が勧めば、将来このメカニズムも解明されるかもしれません。

「不妊治療で、望む未来への1歩を踏み出す。」のTOPに戻る