妊活に適齢期はあるのか

妊活に適齢期があるのかという問題は大変難しい問題です。
某生殖医学の論文によれば、産みたい子どもの人数によって、適切な妊活時期が変わるとのことでした。

その時期の算出方法は、妊娠率、や不妊治療のデータ等で決まるのだそうです。

子どもを1人望むとしましょう。
その場合、32歳までに妊活をスタートするのが理想だそうです。
体外受精の場合では36歳までにスタートするのが良いそうです。

では子どもを2人望む夫婦であればどうでしょうか。
その場合、27歳までに妊活をスタートしなければなりません。
体外受精であっても31歳までに妊活を行うのが理想だそうです。

このように子どものを望む人数により妊活適齢期は早くなります。

不妊治療は万全のものでないと言われるのは、妊娠は授かりもののため、どうしても絶対とは言い切れないからです。

他にも自然妊娠に比べて、不妊治療で妊娠することは、母体に少なからず負担がかかってしまいます。
不妊治療の成功率は100%と断言することが難しく、治療期間中には母体にも大きな負担がかかるわけですから、治療方法は慎重に検討しなくてはなりません。

不妊治療を過信しすぎてしまうことはあまり良くないのです。

「不妊治療で、望む未来への1歩を踏み出す。」のTOPに戻る