妊活にベストな体重

過度なダイエットをする事は、不妊に繋がるとも言われていますが、どちらかと言うと、ふくよかな女性は比較的妊娠しやすいと言われています。
少しふっくらした女性である方が、女性ホルモンの環境からみると、妊娠が成立しやすいと考えられているようです。

ですが太り過ぎは、妊娠や出産への大きな負担となる事もありますので、母体への影響を考えるとそのようなリスクは回避する事をおすすめします。

だからといって、過度なダイエットを試みる事は、身体に大きなストレスをかける事になりますので、肥満の原因をさぐりながら、健康体に近づく意識の中で身体バランスを取っていきましょう。妊活の中では、BMI値25以上が、肥満とされているようですが、それ以上、数値が上がりますと、排卵の障害を起こしやすく成る事が報告されているからのようです。

少しふっくらしたような女性は、女性ホルモンも環境が良いと考えられていますが、過度な肥満は、逆に女性ホルモンの乱れを促し、排卵生涯を起こし兼ねないのだそうです。妊婦さんは、イメージの中でもふっくらしていますが、近年、妊娠中の妊婦さんの体重制限は、産婦人科での厳しく指導を受けるようですので、妊活にベストな体重を意識してみる事も身体管理において大切な事になりそうですね。

「不妊治療で、望む未来への1歩を踏み出す。」のTOPに戻る